ちゃんこ曙

ちゃんこ曙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

家計のたばこ代が20年で半減

家計のたばこ代が20年で半減したそうです。
たばこ離れが進んでいるようで喜ばしいことです。
Yahoo!ニュース
- 時事通信 - 家計のたばこ代、20年で半減=働く女性はストレス?で増加-総務省

1世帯当たりの年間たばこ購入費が、この20年間で半減したことが、31日の世界禁煙デーを前に総務省が家計調査を基に初めて行った分析で分かった。
健康増進法の施行や公共の場所での喫煙に厳しい視線が注がれる中、たばこ離れが進んでいる実態が改めて浮き彫りとなった。逆に、働き盛りの単身女性世帯では増加傾向がみられ、同省は「女性の社会進出に伴うストレスも影響しているのでは」(統計局)とみている。(時事通信)

しかし世帯数は増えているような気がしますからそこは割り引く必要があるかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2005/05/30(月) 19:25:08|
  2. たばこ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0

千葉市で路上喫煙禁止

千葉市でもいよいよ路上喫煙禁止となります。
来月から過料2000円 路上喫煙

千葉市は六月一日から、JR稲毛、海浜幕張両駅周辺の路上喫煙の禁止地区でたばこを吸った人から、過料二千円の徴収を始める。今年四月に禁止地区に指定して、これまでは周知期間としていた。(中日新聞)


稲毛、海浜幕張が対象になったのは乗降客の多い駅だからでしょう。
特に海浜幕張は今年好調の千葉ロッテマリーンズの本拠地のある駅です。
じゃんじゃん取り締まってもらいたいです。
  1. 2005/05/30(月) 19:24:16|
  2. たばこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

欧米より遅れている分煙

分煙に関する面白いレポートです。
もっとも新しいことは言っていませんが。
何もかも欧米並みにする必要はありませんが、この点に関しては見習うべきです。
健康へのデザイン たばこのない生活 : 「対策」欧米にほど遠く : 医療ルネサンス : 医療と介護 : YOMIURI ON-LINE (読売新聞)

日本でも一昨年5月に施行された健康増進法で、飲食店を含む公共の場所の受動喫煙防止が初めて法律に盛られたが、取り組みは欧米とはほど遠い。各国の法律では、禁煙化や分煙は罰則が伴う義務なのに対し、日本では単なる努力規定に過ぎないからだ。


日本政府は本気でやる気がないのでしょう。
ファミリーレストランも本気ではないようです。

世界保健機関(WHO)の2001年のまとめでは、マールボロ1箱が、日本280円に対し、フランス375円、米国440円、英国750円、ノルウェー775円と数倍高い(円レートは当時)。


日本で喫煙者が減らない大きな原因は税金が安いことです。
  1. 2005/05/29(日) 13:34:47|
  2. たばこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

禁煙手当

たばこを吸わない従業員に褒美として禁煙手当を出している会社があるそうです。
“禁煙破り手当返還”は違法
たばこ追放のため社員に禁煙手当を支払っている基礎化粧品メーカーのヒノキ新薬(阿部武彦社長、東京都千代田区)が、喫煙した社員に手当を返還させる社内規定を設けているのは労働基準法違反の疑いがあるとして、労働基準監督署から是正勧告を受けていたことが十一日分かった。(中日新聞)

この会社では全員がこの禁煙手当をもらっており積立をしていたのですが、従業員2人について唾液検査で喫煙が発覚、手当の一部を返還させました。
労働基準監督署はこの取り扱いが違法だというのですが、労働基準監督署は就業規則の届出を受けているわけで、そのときに指摘せず、それを今になって違法だというのは酷いと思います。何のための届出なのでしょうか。
また厚生労働省は禁煙の推進をしているわけで、その下部組織である労働基準監督署がその推進を妨げるような判断をするとは、勇気があるというか単にバカなのか、あるいは組織として影響力も何もないのか、といろいろと考えてしまいます。
そもそも健康増進に関するこのような手当については非課税にするなど抜本的な対応が必要なのかもしれません。
  1. 2005/05/12(木) 22:48:20|
  2. たばこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

子供がたばこを誤飲する

親のたばこの煙を子供に吸わせるということは虐待と何ら変わりがないように思います。
まして、たばこの誤飲で子供が死んだ場合、過失致死ということにした方がよいと思います。未必の故意ということで殺人でもよいかもしれません。
子どもの誤飲事故、「たばこ」が4割

異物をのみ込み窒息などを起こす子どもの「誤飲事故」のうち、約4割を「たばこ」が占め、昨年度も嘔吐(おうと)が止まらないゼロ歳児が入院した例があったとの調査を国民生活センターがまとめた。幼児のニコチンの急性致死量はたばこ1本から半分といい、同センターは「危険物という意識を持ち、子どもの手の届くところに置かないでほしい」と呼びかけている。

  1. 2005/05/08(日) 12:53:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

タグ

ブログ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。