ちゃんこ曙

ちゃんこ曙

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

公園でキャッチボール

子供の頃、私は父から「公園ではキャッチボールをするな」と言われていました。危険だからということなのでしょうが、それが現実に起き、賠償命令が出ました

小学5年生の長男(当時10歳)が公園で突然死したのは、キャッチボールでそれた軟式球が胸付近に当たったためとして、宮城県柴田郡の両親がキャッチボールをしていた小学4年生の男児2人(ともに当時9歳)の両親を相手取り、計約6255万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が17日、仙台地裁であった。
田村幸一裁判官は、「男児にはボールが他人に当たり、死亡することもあるという予見可能性があった」などと認定、男児2人の両親に指導監督義務があったとして、連帯して慰謝料など計約6000万円を支払うよう命じた。


これで公園でのキャッチボールをやる人がいなくなるでしょう。
しかし、軟式ボールが胸に当たったくらいで死んでしまうなんて、随分、よわっちい子供だと思います。
けがはするかもしれませんし、片目失明くらいはあるでしょうが、死ぬことは予見できるとは思えません。
そもそも、少年野球ってプロテクターなしでキャッチャーをやるものだと記憶しています。死ぬことを予見していたらこんな危険なことはできないでしょう。
多分、控訴するでしょうから判決が覆る可能性はあると思います。となると今度は公園の管理者が訴えられたりするかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2005/02/18(金) 22:47:01|
  2. 子供を守る
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
<<小学校に警備員 | ホーム | 産婦人科医が足りない>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://akebono.blog2.fc2.com/tb.php/13-306daab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

キャッチボール事故死で損害賠償?

今朝の読売新聞朝刊1面の記事。【キャッチボール当たり男児死亡、親に6千万円賠償命令】小学5年生の長男(当時10歳)が公園で突然死したのは、キャッチボールでそれた軟式球が胸付近に当たったためとして、宮城県柴田郡の両親がキャッチボールをしていた小学4年生の...
  1. 2005/02/19(土) 01:24:03 |
  2. Naokieの本当の自分らしく行こうよ♪

軟式がいいと思う

この玉は以前のに比べ飛びますし、投げると変化か大きいですね。いち早く新型ボールを手にすることが出来ました!感謝しております。従来のボールより飛距離が出るそうです。次回の公式戦からはこのボールにしようと早めに調達しました。・・福岡中学校 軟式野球部が全国制
  1. 2007/08/04(土) 14:14:44 |
  2. ボールの思い入れ

最近の記事

カテゴリー

タグ

ブログ 

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。